会社概要 沿 革 開岩寺全景など 竹塩情報


製造元 開岩通商(株)

塩は人間の生活に欠かせない重要な要素の一つで、昔から食品の原料ばかりでなく、美容材料、工業用原料として重宝されてきた。
過去韓国やヨーロッパでは給料が塩で支払はらわれていた記録でもわかるように人間の生活にとって塩は非常に大切な位置を占めていて、人類の歴史は塩ととも にあったといっても過言ではないだろう。今もアフリカや南米の奥地に文明を伝えるメッセンジャーの役割を塩商人が果たしている。
このように我々の生活に不 可欠な塩は海がまだ汚染されていない頃は塩化ナトリウムと共にいろいろな有益なミネラル成分だけが含まれて、有害な不純物などはほぼ含まれていなかった。 しかし産業の発達と共に海が有害な重金属などで汚染されて体に悪い影響を与えるほど深刻な水準に至った。
一方、韓民族の先祖たちはこのような事実を予見したように生活の知恵を発揮し、塩(天日塩)を大竹筒に詰め込んで焼き出した"灰色宝物塩"の"竹塩"を健康を保つ大切な手段として使ってきた。竹塩は高温で何回も焼いて有害な成分を取り除くという側面でも重要な意味を持つ。

竹塩は今から1,300余年前から寺の僧侶たちの間で民間療法として伝えられてきた。1988年開岩食品が全羅北道扶安所在開岩寺(竹塩の発祥地)の住職 から製造秘法を受け、工場を竣工してから世間に知られ始めた。特に開岩竹塩は清浄海域である国立公園の辺山半島の"コムソ塩田"で生産されたミネラルがた くさん含まれた天日塩を、3年以上生長した大竹筒に詰め込んで、 黄土で蓋をして松薪だけを燃料として使う。高温で焼くことを8回繰り返した後、最後の9回目は松薪に松脂をかけて加熱温度をさらに上げるので塩が溶けて流 れ出す。このような心がこもった過程を通じていわば"灰色宝物塩"が誕生した。

竹塩の効能(殺菌、解毒、細胞の活性化)の要諦は大竹の有効成分と天日塩のミネラルと黄土成分との調和によるものなのだ。そして品質の良い原料だけを使うことが大切だ。また製造の技術によって効能の差が現れる。
このいろいろな面を考えれば開岩竹塩は原料の需給の面で海が近く、大竹が豊富に生産される、天恵の黄土産地であるという有利な立地条件を備えていた。開岩食品は竹塩製造の伝統秘法を現代化し、人類の健康に貢献しようという考えのもとで、美容竹塩(マッサージ用)、竹塩醤類(竹塩唐辛子味噌、味噌、醤油)、竹塩石けんなど竹塩を利用した多様な商品の開発に努力して来た。

1996年以来竹塩の美容的効能を活かして竹塩マッサージジェル、竹塩洗顔フォームなどの"竹塩美人"スキンケアシリーズ商品を発売して好評を博している。その後、韓国の伝統美容材料の黄土を利用した新しい概念の美容商品、"黄土美人"シリーズ(黄土竹塩マッサージジェル、黄土石けん、黄土洗顔フォーム)を出市して旋風を巻き起こし、人気を集めている。そしてここ2―3年前から竹炭石鹸、パック、洗顔フォームなどの“竹炭美人”商品を発売して国内外で新たに注目されはじめました。開岩竹塩商品は韓国国内だけではなく、日本、香港、米国、ヨロッパなどの海外でも人気が高く、韓国の伝統的な名産物の代表として確固とした地位にある。

▼本社▼
ソウル市 瑞草区 良才2洞 #320開岩ビル
▼工場、研究所▼
全羅北道 扶安郡 上西面  甘橋里 660-9号

▲TOP


沿  革
時 期
内  容
1988 ・竹塩製造工場設立及び許可取得
1990 ・伝統食品指定(全羅北道13号);竹塩ゴチュジャン、竹塩味噌、竹塩醤油
1992 ・ラッキー(LG)生活用品事業部 竹塩歯磨き、竹塩石鹸原料納品開始
1993 ・竹塩石鹸開発、市販
・第39回全国科学展覧会奨励賞受賞;竹塩の製造方法とはたらきに関する研究(実験材料;開岩竹塩)
1994 ・輸出奨励賞受賞(全羅北道知事)
・炒めたお塩開発、市販
・LG生活健康優秀協力業體選定
・LG生活健康コスマックス竹塩化粧品原料納品開始
1995 ・ヘテーの竹塩ポテトチップ、竹塩ガム、竹塩クラッカー原料納品開始
・"1地域1名品"選定扶安郡地域特産品指定

1996

・"竹塩"という本を出版 1996 竹塩美人新商品出市(美容竹塩3種、マッサージジェル)
・農林部将官表彰
1997 ・クラウン製菓、アロエマイムに竹塩及び炒めたお塩原料納品開始
・竹塩美人新製品出市(竹塩フォームクレンジング)
・郷土業所指定(光州地方国税庁)
・保健福祉部傘下社団法人韓国竹塩工業協会設立認可(会員社)
・新商品出市(黄土美人シリーズー黄土石鹸、黄土竹塩マッサージジェル)
・ヘピョーの焼き塩OEM生産出市
1998 ・黄土フォームクレンジング、竹塩ヘアケア出市
1999 ・第2回全国観光記念品公募展国務総理賞受賞
・新商品出市(竹塩サンクリーム、炭パック等)
2000 ・新商品出市(炭石鹸、炭フォームクレンジング、シェービングフォーム、ボディローション等)
2010 ・'88~2000 MBC,KBS,SBS放送及び新聞、雑誌100余回取材放送
・'88~2000 国内外展覧会参加M (国際;FOODEX JAPAN,大阪食泊、福岡食泊、香港食品展覧会、シカゴ食品展覧会、 ニューヨック物産展等)
(国内;ソウル食品展覧会、健康食品博覧会、緑色時代等)
▲TOP


Kaeam Trading Co.,Ltd. has equipped its plants with the nation's largest kiln facilities and additional production apparatus specially manufactured with firebricks.
開岩竹塩の発祥地、開岩寺の全景
竹塩9回焼き
▲TOP

竹塩情報

竹塩の由来

竹塩は今から約1.300余年前全羅北道辺山の名所なウルクン岩不思義房で眞表律師が製造方法を伝授して以来主に仏家の和尚の間で民間療法として伝われて来た健康塩です。

竹塩の利用法


大竹と天然塩、黄土が調和されて誕生した健康塩

一般食塩の代わりに使用。
(キムチ、塩辛、塩漬け食品、海苔、ガム、ポテトチップ等)

マッサージ用材料、歯磨き、石鹸、化粧品原料
(洗顔フォームク,ボディソープ等)

竹塩の民間的利用事列

  • 1.竹塩は自然から生まれた天然洗剤

    - 最高の自然洗剤でお鼻やお口に入っても安全で男女老少と関係なく気軽く使用できる天然洗剤です。

  • 2.お肌の老廃を防いでお肌の毛穴まで綺麗にします。

  • 3.ふけ、脱毛にも効果があります。

    - 頭皮の汚れを除去して頭皮健康にいい影響を与えます。

  • 4.優れた殺菌作用

    - 一般食塩と比べ、優れた殺菌作用でにきび、あせも、叉はアトピー性皮膚炎などを始めとした色んなお肌のトラブルを予防する効果があります。

  • 5.竹塩のダイエット効果

    - 竹塩は脂肪を分解する作用があって規則的にマッサージを続ける場合ダイエットの効果があります。

  • 6.虫歯、歯茎の疾患予防効果

    -殺菌作用で口の中で発生する諸般の病症に効果があります。

  • 7.眼病、風邪予防

    - 竹塩にお水を混ぜ、眼を洗い流すとか歯を磨いてのどを洗い流します。
    - お鼻を洗浄します。(竹塩をお水に混ぜてお鼻から吸い込んでお口から吐き出します。)
    - 竹塩水を製造(蒸留水100cc+竹塩5gを混合して濾過紙でこしたお水)してたびたび使用する方法もあります。

  • 8.竹塩マッサージ効果

    - 凝ったり痛みのある所を繰り返してマッサージするとか、適量を温めてから布で積んであんぽうします。

  • 9.肛門疾患(痔など)

    - お湯に竹塩を混ぜ(ある程度塩っぱい味が感じられる塩度)お尻をお水に入れ、楽なポーズで約10~30間座浴します。又、入浴剤としてお風呂のお湯に混ぜて入浴しても同じ効果を得られます。

竹塩美容法

  • 1.竹塩マッサージ方法

    - お風呂のお湯で体を温めます。
    - 竹塩を全身に付けます。(約30g)
    - 5分以上充分に体の各部位を軽くマッサージします。
    - 人によってはお顔、下腹部位、足などを中心的に擦ります。
    - お湯で綺麗に洗い流します。
    - 時によってはお湯で洗った後冷水でシャワーをするとか冷水浴をすると寒さに強くなって風邪に引きにくくて血行もよくなります。

  • 2.入浴剤としての利用

    - お風呂にお湯を溜め、竹塩100g~200gを溶かしてお風呂の中でマッサージします。
    - 入浴後再びお湯で綺麗に洗い流します。
    - 痔などの疾患のある方には特に効果のいい民間療法で知られています。

  • 3.シャンプーとしての利用

    - お湯で髪を充分に洗い、竹塩を髪に付けて5分位軽くマッサージした後お湯で洗い流します。
    - 洗浄効果を高める為にシャンプーに竹塩を混ぜて使用することもあります。






竹塩いきいき健康法 健康自然食塩研究会編

≪竹塩の製造方法≫
海水には、精製塩にはないヒ素が含まれています。
ヒ素が含まれた食塩は、天然塩しかありません。海水に含まれるヒ素は、摂りすぎると生命を落としてしまいますが、適量を摂取
すれば、万病に効く薬となるのです。ヒ素以上に毒性の強いものは、ほとんどありません。病原菌など人体をむしばむ毒素も死滅させる力を持っているのです。
竹塩の製造方法は、天然のもの以外は利用しません。3年以上育った真竹を切ります。3年以上たたないと、真竹の薬性の発生が不完全だからです。
その中に、ヒ素が入った海水で作った天然塩をぎっしり詰めます。人が踏み込まないような深い山で取れた黄土を、ふるいにかけて、余分な砂利や砂を取り除き、細かい粒子だけを取り出し、水を加えてよく練ります。
練り上げた黄土を塗りつけて、竹筒にふたをします。
竹筒は鉄釜に並べて立て、水も何も入れずに火にかけます。火は、ガスや
油を使いません。必ず、松の薪を使います。松脂をはじめとするさまざまな成分は、火を起こし竹筒をあぶることで、より一層効果を増すからです。
鉄の釜の中で、竹筒が焼けて灰になります。中身の塩は高温のため溶けだしますが、ぎっしり詰まっているため、一つの塊となっていきます。
円柱と化した塩の塊を取り出し、黄土のふたをはずします。竹の灰をきれいに払ったら、こなごなに砕き、臼に入れ、杵でつきます。
細かい粉になった塩を、もう一本の竹筒に入れ、黄土のふたをします。そして、また釜に入れ。松の薪で先ほどと同じようにあぶります。その後の手順は同様です。これを9回繰り返して、竹塩が完成します。
≪塩分摂取は高血圧とは関係ない。≫

減塩食を始めても、一向に血圧が下がらないのはどうしてでしょう。塩分の摂取量が多いのに低血圧の人もいれば、塩分の摂取量が少ないのに高血圧の人もいるという現実に、わたしたちは首をかしげざるを得ません。この矛盾に、米国心臓学会の高血圧学会賞を受賞した高血圧の権威・青木久三が答えてくれます。この賞は、高血圧のノーベル賞ともいわれるものです。

「減塩で血圧が下がる人は、100人中せいぜい2〜3人くらい。残りの97〜98人は、塩とは何の関係もない高血圧である。
塩の摂取量を制限することで、高血圧症が治ると信じている人は多いが、減塩食には、100ミリの血圧を1〜2ミリ下げる力しかない。
無理な減塩食は、逆に身体に悪影響が出ることになる。高血圧ならすぐ減塩という連想は、現代人の間に広まり、深く根を下している。
減塩食を続けながら血圧の降下を見ないにもかかわらず、いまだにその信仰が失われることがない。」

そもそも「塩分摂取=高血圧」の図式は、あるネズミの実験が始まりでした。アメリカの高血圧学者メーネリーの行った実験です。
ネズミ10匹に、1日当たり20〜30グラムの食塩を与え、飲み水にも食塩を加えて1パーセントの食塩水にして与えたところ、6カ月後に4匹のネズミが高血圧になったというのです。「竹塩いきいき健康法」よりこの実験結果は大きな波紋を投げかけました。
同じく高血圧学者のダールが、高血圧人口の多い日本の塩分摂取量と高血圧人口の関係を調査し、ここにおいて「塩分摂取=高血圧」の図式が完成。
けれども、大きなことを見逃していました。高血圧になったネズミは半数以下だったということです。いくら塩分を大量に与え続けても高血圧にならないネズミの方が 多かったのです。高血圧のほとんどが遺伝性のものだったのです。

≪身体全体に良い天然塩のパワー≫
▼肌をしっとり若返らせる竹塩 これまで洗眼フォームや石鹸を使っていた人も、竹塩洗顔するだけで、毛穴の汚れはもちろんのこと、 皮膚の内部にたまった老廃物が表面ににじみ出ますので、すっきりきれいな肌となります。しかも、肌にうるおいを与え、血液の循環をよくしますから、若々しい肌を保つことができるのです。
  1. 両手に竹塩ペーストを取り、顔全体にぬります。
  2. まんべんなくマッサージし、小鼻の横や目のこぼみなど、ていねいになでつける。
  3. 頬は、指で顔の中心から外側に軽くマッサージする。
  4. 額は、指で眉毛のところから上方へ、次にこめかみの方へとマッサージする。
  5. 指で、あごの中心部から両側の耳の下の方向へ、軽くマッサージする。
  6. ぬるま湯で竹塩を洗い流し、最後に真水ですすぐ。
▼簡単で安全な竹塩シェービング 毛深い男性は毎朝、特別毛が薄い男性でも、2日に1度はしなければならないのが、ヒゲソリです。
蒸しタオルか湯を、ヒゲをそる場所にあて、シェービング・クリームないしは泡だてた石鹸をぬり、カミソリを当てます。その後、洗い流し、アフター・シェービング・ローションを塗るわけですが、竹塩を使えば、実に簡単です。
  1. 竹塩ペーストを手に取り、ヒゲをそる場所にぬる。
  2. カミソリを当てる。
  3. ぬるま湯で竹塩を洗い流し、最後に真水ですすぐ。
たったこれだけで結構です。体内から出る自然な体液が、シェービング・クリームとアフター・シェービング・ローションの役割を果たしてくれます。
電動シェーバーを使う場合は、先にヒゲをそった後、竹塩水(竹塩1蒸留水5)で軽くすすぎます。それから真水で竹塩水を洗い流しますが、こちらも、アフター・シェービング・ローションは不要です。
▼シェイプアップに竹塩
  1. 朝夕、竹塩ドリンクを2杯ずつ飲む。その他、日中、適当に。
  2. 入浴は、ぬるめの湯にする。
  3. 湯船から上がり、腰かける。
  4. 手のひらに、ひとつかみの竹塩を取り、気になるところに塗って、
  5. マッサージする。太めのウエスト、上腕部、太腿、ふくろはぎ・・・と5分〜10分、マッサージする。
  6. シャワーなどで竹塩を洗い流し、再び湯船につかる。
  7. 最後に冷水を全身に浴び、竹塩ドリンクを飲む。
▼マッサージで肩こりにも

肩こりは、歯ならびも多少影響しますが、基本は海水成分の欠乏です。

  1. 風呂に入って、ぬるめの湯でゆっくり身体を温める。
  2. 湯船から上がり、腰かける。
  3. 手のひらに、ひとつかみの竹塩を取り、肩や首などこりの強いところに塗りつける。
  4. 患部をもんだりさすったりして、しばらくマッサージする。ぬるぬるしてくるが、これは肩こりの原因の老廃物が出てきているので、気にしなくてよい。こりがひどいときには、竹塩を塗りつけたまま、5分ほどそのままにしておく。
  5. シャワーなどで竹塩を洗い流し、ふたたび湯船につかる。これだけです。簡単ですね!そして、湯上がりに竹塩ドリンクを飲みます。氷などを浮かべて飲むと、身も心もリフレッシュした感じになります。
▼冷えに

竹塩ドリンクは、どんどん飲んで下さい。最低でも、朝夕1杯ずつは習慣化させ、欠かせないようにします。また、風呂で冷えを軽くすることができます。

  1. 風呂に入って、熱めの湯でじっくり身体を温める。
  2. 湯船から上がり、腰かける。
  3. 手のひらに、ひとつかみの竹塩を取り、両方の足の裏を2〜3分、マッサージする。
  4. 改めて竹塩をひとつかみ取り、足の爪先からくるぶしまでぬり、同様に2〜3分、マッサージする。
  5. さらに、もうひとつかみの竹塩でふくらはぎから膝まで、2〜3分、マッサージする。
  6. シャワーなどで竹塩を洗い流し、ふたたび湯船につかる。そして、湯上りに竹塩ドリンクを飲んで、仕上げとします。
▼竹塩で寝冷え・風邪知らず。

四六時中、あちこちと動き回り、「風の子」と異名をとる子供は、夜、寝てしまってからでも、布団の中を所せましと動きまわります。その結果、布団はどこかに行ってしまいます。そうすると、寝冷えが起こります。ところが、どんな格好で寝ても、よほどのことがないかぎり、決して寝冷えを起こさない子供がいます。そういう子供は、文字どおり「風の子」です。竹塩は、風の子になるにも、ひと役買ってくれます。

  1. 風呂に入り、熱めの湯で、じっくり身体を温める。
  2. 湯船から上がり、腰かける。
  3. 手のひらに竹塩をひとつかみ取り、足の爪先からくるぶしにかけてぬり、マッサージする。特に、指と指の間は力を入れてマッサージする。
  4. シャワーなどで竹塩を洗い流し、ふたたび湯船につかる。
  5. 風呂から上がるときは、真水を膝から下に充分かける。これで、寒い冬も、風邪知らずの元気な風の子になれます。
▼頑固な腰痛に

腰痛は、全身を使う肉体労働者だけでなく、立ち仕事・デスクワークなど、同じ姿勢を保っている人にもつきまとう深刻な現代病です。定期的にマッサージに通っている人も、今や珍しくありません。腰痛は、ほうっておくとひどくなり、歩行困難になることもあります。

  1. 風呂に入り、ぬるめの湯でゆっくり身体を温める。
  2. 湯船から上がり、腰かける。
  3. 手のひらに、ひとつかみの竹塩を取り、両手で腰を上下にさする。
  4. 5分ほど腰をさすったら、竹塩を腰に残したまま、今度は改めてひとつかみの竹塩を取り、足のひざと足首にすりつけ、マッサージする。これも5分間続ける。
  5. シャワーなどで竹塩を洗い流し、ふたたび湯船につかる。

湯上がりに、竹塩ドリンクを飲んで仕上げます。腰痛の原因は足にあることが多いので、4は必ず行うようにします。竹塩ドリンクは、コップ1杯の水に、小さじ1杯の竹塩を入れ、かきまぜて出来上がりです。

▼つらくてたまらないギックリ腰にも

不意に襲ってくるギックリ腰は、とたんに平常な生活を凍結させてしまいます。姿勢は思うようにならず、寝ていなければつらくてたまりません。それを、竹塩でやわらげます。

  1. はらばいに寝て、腰の部分を出す。
  2. 竹塩ペーストを患部にぬり、5〜10分放置する。
  3. ぬれタオルなどでふきとる。

1から3を、1日3〜4回、行います。ただし、これは動けないほど重度のギックリ腰の場合です。軽症の人は、これを風呂場で行います。そして、どちらの場合も、竹塩ドリンクを飲みます。

  1. 風呂に入り、ぬるめの湯でゆっくり身体を温める。
  2. 湯船から上がり、腰かける。
  3. 手のひらに、ひとつかみの竹塩を取り、患部にすりつけ、5〜10分放置する。
  4. シャワーなどで竹塩を洗い流し、ふたたび湯船につかる。
▼筋肉痛にも

久しぶりに身体を動かすと、使っていなかった筋肉内に乳酸ができ、筋肉痛を起こします。これは、放っておくと時間がたつにつれて、痛さが増してくるようになります。竹塩を使えば、筋肉痛がやわらぐ どころか、未然に防いでもくれます。

  1. 運動後、よく使ったと思われる筋肉部分に、竹塩ペーストをぬる。
  2. 5分ほど、手でマッサージする。
  3. ぬれタオルや流水で、竹塩を取り除く。

以上の方法は、運動直後に行うもので、処置が適切ですと、翌日筋肉痛に悩まされることはありません。すでに、筋肉痛を起こしているなら、風呂場で竹塩療法を行います。

  1. 風呂に入り、ぬるめの湯でゆっくり身体を温める。
  2. 湯船から上がる。
  3. 手のひらに、ひとつかみの竹塩を取り、患部にぬり、5分間マッサージする。
  4. シャワーなどで竹塩を洗い流し、ふたたび湯船につかる。
▼花粉にも

くしゃみ、鼻水で襲ってくる花粉症は、同時に眼にも襲いかかってきます。かゆくてかゆくてどうしようもないのです。これを、竹塩でやわらげます。

  1. 朝晩、コップに2杯ずつ竹塩ドリンクを飲む。
  2. 1日に数回、竹塩眼薬をさす。特に、外出前と帰宅後には忘れないようにする。
    ◎竹塩眼薬の作り方 蒸留水3に対し、竹塩1を加え、溶かします。それを火にかけ、沸騰したら冷めるのを待ちます。最後に、ろ紙を使ってこします。
  3. 帰宅後、竹塩ドリンクでうがいする。
  4. 夜、寝る前、しめった脱脂綿に竹塩をつけ、鼻の穴に入れ、患部に当たったら取り出す。これを5〜6回繰り返す。これだけで、花粉症は信じられないくらい、軽くなります。また、竹塩ドリンクはいつ飲んでもかまいませんので、折に触れて飲むといいでしょう。
    ただし、空腹時の朝起きぬけと、夜、就寝前には、少々つらくても2杯は飲むようにしてください。
    (4)の脱脂綿は、糸でくくるか細い棒の先につけると、うまくいきます。
▼アトピー性皮膚にも

どんなに偉い先生たちが顔をつき合わせても原因がわからないの一つに、アトピー性皮膚があります。
対処として海水浴が挙げられるくらい、海水成分はアトピー性皮膚にいいです。
人より多く竹塩に触れることによって、アトピーから解放されましょう。

  1. 朝夕、竹塩ドリンクを一杯ずつ飲むことを、習慣づける。
  2. 患部をぬるま湯につけ、温める。
  3. 竹塩水に10〜15分、患部をひたす。
  4. 患部を真水で洗い流す。
    ・竹塩ドリンク(コップ1杯の水に、小さじ1杯の竹塩を入れ、かきまぜる。)
    (2)〜(4)は、一日に何度行ってもかまいません。
    (3)の竹塩水ですが、初めの1週間は竹塩と水の割合を1対5、次の1週間は1対4・・・と少しずつ濃くしていき、最終的には竹塩ペーストから、入浴の竹塩そのものに移行させていきます。入浴時に竹塩療法を行うときも、(2)〜(4)の手順を守り、必ず真水で洗い流すようにします。それから湯船につかり、仕上げに竹塩ドリンクを飲みます。
    ・竹塩ペースト(蒸留水30ccに竹塩50グラムを溶き、患部にぬる。)
▼頑固なおねしょにも

「天才ほど長じてもおねしょをする」こういわれても、後の処理を担当する身にしてみれば、1日も早く治してもらいたいと思うのが人情です。
ところが、小児科でもどこでも「そのうち治るから・・・」のひと言ですまされてしまいます。
それなら、竹塩を使っておねしょを追放しようではありませんか。

  1. 夜、子どもが寝る前に、温めた竹塩ドリンクを、コップ半分の量だけ飲ませる。
  2. その後、トイレに行かせ、小水をさせる。たったこれだけのことで、頑固なおねしょがなくなります。
▲TOP